革の社員証ケース付きのネックストラップが作れる4つのサービス

革素材の社員証ケースが付いたネックストラップが作れるサービスを集めました。

一般的な布素材のネックストラップとは一味違った、高級感のあるネックストラップを作りたい方にぴったりです。

JOGGO


JOGGOはオリジナル革小物を1個から作ることのできるオンラインサービスです。東京都のボーダレスジャパンが運営しています。

ストラップパスケース、IDパスケース、Suica用のペンギンパスケースなど、さまざまなバリエーションのネックストラップを作ることができます。名入れができるだけでなく、革の色も選ぶことができるのが特徴です。

サービス名 JOGGO
名入れ方法 ゴールド、シルバー、型押し
最低ロット 1本
参考価格 4900円@1本

Hamee

Hamee(ハミィ)は神奈川県小田原市のHamee株式会社が運営しているiPhoneケース・スマホカバー・携帯アクセサリの国内最大規模のオンラインショップです。数年前まではストラップヤという社名でしたので、そちらを聞いたことのある人も多いかと思います。

革素材のオリジナルネックストラップを1本から作成することができるので、個人の方でも気軽に注文できます。

サービス名 Hamee
名入れ方法 型押し
最低ロット 1本
参考価格 3048円@1本

プラスワン

プラスワンは香川県高松市の株式会社プラスワンインターナショナルが運営しているオリジナルプリントサービスです。

Tシャツなどがメインのサービスなのであまり目立ちませんが、メニューの中から雑貨・生活・文具 > ストラップ・オフィスアイテムの順番で進んでいくと、高級感溢れる牛革製のレザーネックストラップを取り扱っています。

カードケースの部分にオリジナル印刷が可能で、最低ロットも10本から作成することができるので、小ロットでの注文には最適です。

サービス名 プラスワン
名入れ方法 シルク印刷、パット印刷
最低ロット 10本
参考価格 896円@10本

J&Cサプライ

J&Cサプライは東京都豊島区にあるオリジナルグッズのOEM製作を行っている会社です。

最低ロットは300本からとなりますが、単価1,000円以下でレザーストラップが作れるため、大ロットでの注文を考えている方にはおすすめです。

※2016/4/1追記:レザーストラップの取り扱いは中止となったようです。

サービス名 J&Cサプライ株式会社
名入れ方法 型押し
最低ロット 300本
参考価格 720円@300本

まとめ

革製品は布と比べて加工しにくい素材なので、布素材のネックストラップに比べると、オリジナル製作に対応しているサービスは限られてきます。

しかしながら、革素材には、布製ストラップ+ビニールパスケースで作られた「いかにも量産品」という感じのの社員証とは全く違った魅力があり、ディティールまでこだわったものづくりの姿勢は、社員の意識にも少なからず影響を与えるのではないでしょうか?

洗練された自社ブランディングを目指している経営者の方は、是非、革製の社員証を検討してみてください。

ネックストラップ付きの社員証を作るならこちらがおすすめです

JOGGO

カスタムオーダーメイドサービスのJOGGOでは、オリジナルの本革IDカードケースを1個から作ることができます。素材には牛本革が使われており、もちろん社名やブランド名の名入れも可能。カラーは全13種類から選ぶことができ、カードケース部分とネットストラップ部分を別々の色にすることもできます。デザインの作成や価格の見積りはウェブサイト上から無料で行えるので、高品質でおしゃれな社員証を作りたい方は一度チェックしてみてください。